読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHI

いろいろ

問いの方向性

 かなり久しぶりに連絡を取った友人と話した。話す中で、ここしばらく雑念が多すぎる、答えようのない質問ばかり浮かぶ(なぜ、なにのために)なんていう話をしていた。実際にそうで、ここしばらくずっとそんな考えばかりが頭を占めていた。

 なぜとか何のためにという問いは難易度が高い質問だ、と前置きをした上で、そうした抽象的な問い、意味を問う問いをするとき、実のところ、最初から自分には、大きな期待があるんじゃないの、と指摘された。「なぜ」とか「何のために」とか問いつつ、その問いには、何を知りたいのか、その答えから何を聴き取りたいのかという思い・期待が先行する。その問いに答えに何を期待するのか。君はそもそもその問いの答えに何を期待しているのか。

 そんなことを言われてぐうの音も出なかったが、同時にそうかもしれないなと思った。