BUHI

いろいろ

考えること 意味が分かること

 働き出して半年+ちょっとが経過した。いろいろと思うことがあるけれども、一番悩まされるのは、自分の頭で考えること、だ。それも抽象的なことではなく、具体的に、自分の行動に繋がるような考え。社会的知性とでもいうのか。

 書く場合でも話す場合でも考える力は要求される。書く場合は、時間があるからまだいい。話す場合は、瞬発的に考える必要があるから難しい。ただ、いずれの場合でもスタート地点は意味が分かること。誰かが何かを言ったり話したりしているとき、それがどういう意味であるのか解釈するできる能力がないと考えることすらできない。

 AがXをしたとき、ただAがXをしたと平板にとらえてはいけない。人の行動には理由や動機がある。何の理由もなしに何かをする人はいない。なぜAはXをしたのか、動機は何なのか、Xをすることによって何が発生するのか、それはAの状況でどういう意味を持つのか・・・そういうふうに、多面的に事実を見ることができて意味が理解できる。

 意味が分かるとは、言い換えることができることだと思う。「それはどういうことか」という自問が必要になる。平板に事実をとらえるだけでは何も分からない。裏読みをするぐらいの深読みが必要なときもあるし、そうしないと真実が見えないことも多い。

 ピアノでも同じことがいえる。話すこととのアナロジーとして、演奏者の役割は音楽の美しさを「伝える」ことだとすると、演奏者は音楽の意味を分かっていなければならない。何も伝わらない演奏は、演奏者も分かっていないのだと思う。モーツァルトソナタK.545の冒頭のドーミソシードレドは、ただの平板にドーミソシードレドを同じ音量で弾いていいのか。このメロディーはどういうもので、どういう情感の動きがあるのか。こんなシンプルなメロディーでも多様な可能性があることに気付く。

 音楽の場合、音だから言葉ほど明確な意味といえるものはない。しかし、これはどういう音楽なのだろう、何が伝えたいのだろう、そういうことを考えると、ただのメロディーが意味あるものだと感じられる。

 リパッティモーツァルトの演奏を聴くと、音の一つ一つに意味が感じられる。こんな心の動きを表す音楽だったんだと思わせられる。