読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHI

いろいろ

二度同じことをしない

 昨日の続き。

 複数の流れを取り扱うという意味では、ゲザ・アンダの演奏が面白い。ショパン自身の演奏について、二度と同じような演奏はしなかったという伝え聞きがある。ゲザ・アンダも繰り返しは大概違うように弾くピアニストで、面白い。

 例えば交響的練習曲の演奏は分かりやすいが、繰り返しになると二回目は内声を強調してみたり、ここにこんな音楽が隠れていたんだと思わせるような面白い趣向を凝らす(Youtubeにある演奏ではなく、シューマン曲集のCDに収録されている演奏の方が良いと思う)。ただ奇をてらうだけではなく、内声を強調する弾き方をするときでも、全体の音楽としてのバランスが絶妙。それぞれの箇所に必然性が感じられる。歌に溢れている。

 ゲザ・アンダは録音時期によって結構質のばらつきがあるが、自分にとっては理想的なピアニストの一人。