読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BUHI

いろいろ

親指/文章

1.親指

 親指は特殊な指で、重音であれ、速いパッセージであれ、親指の使い方の良し悪しで弾きやすさがだいぶ変わる。指が88本あれば完璧なレガートでスケールを弾けるかもしれないが、親指があるため、指くぐり(くぐるかどうかは別としても)が生じ、スケール一つとっても必ずしも簡単ではない。

 よくあるミスが、親指の箇所を手の上下運動だけで弾いてしまうことだ。これをやるといちいち手が上下してしまい、安定感もなくなる。かといって、親指の指の運動だけだと広いアルペジオに対応できない。

 親指は-他の指でも共通すると思うが-親指自体の動き(典型的には握る動き)と回転の動きを組み合わせることが重要だと感じる。回転だけでもなく、親指の動きの動きだけでもなく、両方の動きを合わせる。そうすることで驚くほど俊敏に対応できる。特に、広いアルペジオで親指が鍵盤から少し離れてしまうときでも、すぐに所定のポジションに戻れる。

 パソコンにゴドフスキーが書いた「オクターブ技術の向上」という出典不明の謎のPDFファイルがあった(ページ自体に手書きで出典不明と書かれている)。その中で似たようなことが書いてあった。

①親指だけで練習をする

②親指の「指]の動きだけで繰り返し同じ音を繰り返す

③手の動きを組み合わせる。しかし、手の動きは極めて微妙なものである。

云々。他にも結構面白いことが書いてある。

2.文章

 文章は書き慣れていると思っていたが、考えが甘かった。分かりやすい文章を書くのは難しい。説得力のある文章となるとさらに難しくなる。生来的に怠け者なので、「これで分かるだろう」と論理を飛躍させることが多い。途中で考えるのが面倒くさくなる。過剰な修飾語、もったいぶった言い回し、一言でいえば無意味な文章をよく書いてしまう。無駄な接続詞も多い。

 思考過程を明確に追うことができ、かつ、簡潔。これが実務的文章の一つの理想だろう。しかし、難しい。両方とも問題だらけだ。