BUHI

いろいろ

ピアノ

 家のピアノとはしばらく触れなくなる。さすがにある程度弾いたため愛着がある。澄んだ音で、音は良いと思う。大学に入学したときに家に来たピアノで、当時の興奮は・・・残念ながら覚えていない(笑)が、興奮していたのだろう。

 これからは電子ピアノだけの生活になる。もっとも、電子ピアノは電子ピアノでそれなりに気に入っている。最近は、ピアノをちゃんと練習して、ちゃんと上手くなろう、そして自分が弾きたいように弾けるようになろうと強く思っている。電子ピアノにはがんばってもらわないといけない。

 特に、今まで避けてきた王道の曲に取り組みたいと思っている。ピアノ曲の王道of王道といえば、平均律クラヴィーア、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲、ショパンの練習曲というイメージがある。ショパンの練習曲は位置づけがまさに練習曲になるが、いずれも芸術的価値、求められる技術、という意味で、ピアノ演奏の一つの到達点を示す基準となる曲だ。

 そんな時間があるのかという話にもなりそうだが、一つの目標は、これらの曲の全曲を弾けるようになること。といっても10年スパンぐらいの話だが。また、バッハに関しては、インヴェンションとシンフォニアからやりおなそうかと考えている。インヴェンションとシンフォニアだって良い曲ばかりだ。単純に、対位法・フーガのことをちゃんと勉強したいという思いもある。

 いつも口だけなので、今回は口だけで終わらないようにしたいと十年後の自分に対して思う。